一人ひとりを大切に、笑顔をつくるお手伝い。

患者さんの声

  • HOME »
  • 患者さんの声

98歳の男性 便秘

便秘の治療を週1回ぐらいのペースでさせて頂いています。
お通じが快調であると喜んで頂いています

41歳 女性 生理痛

月に1~2回の治療で生理痛がうんと楽になると喜んで頂いています。

《症状:顔面神経麻痺》
京都市伏見区 44歳 男性  

私は突然、左顔面麻痺に襲われてしまいました。朝起きてみると顔が動かないんです。最初はとても戸惑いました。
営業をしているので、人と接しなければならないのでとても苦痛でした。
医師からも10日間の早期入院を薦められましたが、スケジュールも詰まっていた為伏見シミズ病院の先生に無理なお願いで通院での治療と針灸院での並行治療を認めて頂き笠原先生から針灸治療をして頂く事となりました。
 
 連休中に突然電話したにも関らず、快く治療をして頂きました。
良心的な保険治療の制度を導入されてましたので、経済的にも軽い負担で済んだおかげで時間調整をしながらほぼ毎日通院をしました。
 医師から完治には最低でも1ヶ月、長ければ半年から1年かかると言われましたので相当な覚悟で治療に望みました。 笠原先生に初めて治療して頂いたのは4月28日で、ちょうど1ヵ月後の5月27日に完治する快挙を遂げました。最初は笑う事が出来ない、左の口で物を噛めない、水をのめば口からこぼす有様で自分に歯がゆさを覚えていましたが、病院での点滴、飲み薬、笠原先生の針治療、自身でのマッサージの相乗効果で驚異的な速さで元の自然な顔に戻る事が出来ました。

 笠原先生に最後まで治療をお願いした理由はとても親切で且つお若いのに京都府鍼灸師会の理事もされていて適切な治療をして頂けたからです。マッサージの方法も親切にご指導頂き毎日の治療も意味を説明しながら私の意志も確かめながら治療をされたので、信頼して治療を受ける事が出来たのです。
やはり先生との信頼関係がなければ直る物も直らない、逆に信頼していれば効果は適切に現れるはずです。
それと大事なのはいつまでに必ず直すのか、その日までに必ず直してみせる。という意識を強く持つ事、自然治癒力を最大限に発揮する事だと今回の体験での感想です。
私と同じ症状に悩んでいる方にはこの体験がお役に立つ事を願います。

《症状:顔面神経麻痺》
京都市伏見区 30歳 女性  

「平成17年12月31日、私がいつものように歯を磨いて口をゆすいでいると、口の右側から水がピュッピュッと漏れてきました。いくら力を入れて口を閉めようとしても閉まらず、よく鏡で見てみると、顔の右半分だけ全くと言っていい程、動かなくなっていました。
 すぐに救急病院へ行き、診察を受けると、突発性顔面神経麻痺と診断されました。CTに異常はなく、ストレス・疲れ・寒さによって免疫が落ちたのだろうとのことでした。
 私はすぐにインターネットで顔面神経麻痺について調べました。いろんな方の体験談から鍼灸がよいとわかりました。京都府内の鍼灸院を調べ、ホームページから、顔面神経麻痺の方の体験談が掲載されている、料金が明確に提示されている、良心的な感じがするという理由で、笠原はり灸院に決めました。ホームページでは1月4日まではお正月休みと書いてあったのですが、1日でも早く始めたいと思う気持ちがあり、1月3日に笠原はり灸院へ電話してみました。すると、「いいですよ、今日来てください」とのお返事で、お正月休み中にもかかわらず、すぐに診ていただけました。それからは、最初の2週間は毎日通いました。3週間目からは1日置きに通いました。病院の薬と併用しながら、私の場合は1ヶ月目頃から急激によくなったことを感じました。1ヶ月半も経つと自覚的にはほとんどわからない程に元通りになりました。先生には精神的にも本当にお世話になりました。元の顔に戻ったのも先生の鍼灸のお陰だと思っています。本当にありがとうございました。

院長:現在顔面神経麻痺の治療に毎日行うことはあまりしていません。
週3回ぐらいから始めて週2回、週1回でも行っています。
発病後、初期はある程度詰めて治療することがその後の早い回復につながると思います。
しかしながら、皆さんの仕事等さまざまな状況を加味して治療間隔は決めています。
週1回でもしないよりは断然良いです。
(効果の出方には個人差がありますから、多少忍耐のいる治療であることはご理解下さい。)

≪症状:急性の腰痛≫2006年4月28日に頂いたお便りです
長岡京市  49歳  男性

 「感謝」   
           
 平成18年4月22日(土)朝から少し腰が重いと感じていましたが、仕事をしていました。
 ぎっくり腰のように、突然痛み出したわけではありませんが、15時頃からあれっという感じで痛み始め、16時には,かがめなくなり、歩くのも辛く、何も持てなくなり、何かの拍子に痛みが走ると、ガクッと腰砕けの様になってしまい、自力では立ち上がれなくなりました。何とか車に乗り、整骨院探しをしましたが、全部休診であきらめ、妻が通っていた笠原はり灸院に無理をお願いし、治療をしていただくことになりました。
 生まれて初めて受ける鍼灸には、少し不安もありましたが、先生の穏やかな表情と優しい口調に救われ、まな板の鯉状態で寝ていると、全身を軽くマッサージしながら、色々と具合をたずねていただきました。
慎重に鍼をうたれると、からだの中のほうでグアーンと広がる経験したことの無い気持ちの良い痛み、効いているなと感じる心地よいだるいような痛み。そこそこ。そこがいい、、、、。
 頭から足まで鍼をうっていただいて、90分。妻に抱えられて訪問した時と比べて、3割程度痛みが軽くなり、自力で立ち上がれました。
 月曜日から毎日通いました。月曜日には、5割に。火曜日には、4割に。水曜日には、3割に。木曜日には、2割にと、日に日にらくになり日常生活には支障がなくなりました。その間、はりに電気を通していただいたり、お灸をしていただいたり、筋肉を小さな塊づつていねいにマッサージしていただいたり、色んな有効な手立てを施していただきました。当初、腰痛でしたが、痛い腰を無意識にかばったせいなのか、お腹の中の方やお尻も痛くなりました。普段使わないような小さな筋肉の張りも、丁寧に緊張を取っていただき、本当に楽になりました。あと何回か通院すれば完治するとおもいます。鍼灸のパワーもすごいと感じていますが、なにより、腕の良い笠原先生に出会えたことが、私にはラッキーでした。先生、ありがとうございました。

(補足:院長)
心地よいだるいような痛み:響き、中医学で言う所の「得気」といい効果のでる時の感覚です。響きがすべての手技、部位に部位に出るというものではありません。響きがないときでも効果は出ています。
マッサージ:一般的に言うマッサージではなく、緊張している部位の確認をしています。又、治療後の筋緊張等の反応軽減を確認しています。

皆様、お便り有難うございます。鍼灸師冥利に尽きるお言葉、大変うれしいです。院長

電話、メール相談無料。 TEL 075-954-3387《予約制》 電話受付:朝8時~、診療:朝9時~夜8時(最終 夜7時入り)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 笠原はり灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.