一人ひとりを大切に、笑顔をつくるお手伝い。

保険による鍼灸治療について

  • HOME »
  • 保険による鍼灸治療について

次の6つの病気については医師の同意(書)があれば、健康保険(療養費)で鍼灸治療がうけられます。《同意書の有効期限が2018年10月から3ヶ月→6ヶ月に伸びました》

  1. 神経痛
    例えば坐骨神経痛など。
  2. リウマチ
    急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
  3. 腰痛症
    慢性の腰痛、ギックリ腰など。
  4. 五十肩
    肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
  5. 頚腕症候群
    頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
  6. 頚椎捻挫後遺症
    頚の外傷、むちうち症など。
  7. その他
    上記に類似する疾患など。(医師と保険者が認めたもの。)

患者さんの立場から制度上の同意書について

平成29 年6 月26 日 保医発0626 第3号
厚労省保険局医療課長発という国が認めた重要な公式文章で
「はり、きゅうの施術に係る療養費の取扱いに関する留意事項等」
というものがあり、医師の同意書の取り扱いについて書かれたものです。

第3章 医師の同意書,診断書の取扱い
(8) はり、きゅうの施術に係る診断書の交付を患者から医師が求められた場合は、円滑に交付されるようご指導願いたいこと。

とあります。医師は患者の意思も尊重すべき、という観点から3章の最後(8)に記載されているように思います。自分で治療法を選び、お持ちの健康保険で鍼灸を受けることもごく自然な行為なのです。自分の体のことは自分で責任を持って決めていくべきなのだと思うのです。

支払方法について

◎多くは当院の受付で規定の額を支払って頂き、当院が書類を代理作成し、保険者に対して保険支払い分を請求する形です。
(受領委任払い)

◎一部の保険者によっては受領委任払いの形式を認めていない又は、不支給になりやすい保険者に対しては、まず自費でお支払い頂き、患者さん自身が保険者に提出して頂き、ご自身に入金がある方法。(書類の作成は煩雑ですのでこちらでさせて頂こうと思います。)
(償還払い)

※尚、何らかの原因で保険者から不支給になった場合は実費を請求をさせて頂くことになります。ご了承下さい。

保険での治療代について

60分治療:3,000円
全身治療

※負担割合に関係なく一律料金にしておりです。

※定期的来院の場合(月4回:週1以上来院)

60分治療
1割負担の方で2,610円
2割負担の方で2,760円
3割負担の方で2,920円


≪計算≫
『当院規定の自費料金-各自の割合で保険者から支払われる金額=ご負担になる治療代』になります。
※1円単位は切り上げ
※厚生労働省が設定している現在(平成30年6月)の鍼灸治療の基準金額は1,610円です。

尚、できれば、一度は、当院の治療を自費にて体験して継続したいと思われてから同意書作成の作成を依頼して頂くことをお願いしています。

同意書(表面):PDFファイル

同意書(裏面:医師への説明文:PDFファイル

(来院前に同意書用紙をほしい方の書類です。:両面コピー又は2枚セットにして使用します)
※当院来院後にお渡しする場合は依頼書を一緒にお渡ししています。

電話、メール相談無料。 TEL 075-954-3387《予約制》 電話受付:朝8時~、診療:朝9時~夜8時(最終 夜7時入り)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 笠原はり灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.